モトローラ「Moto X4」イメージ

モトローラ「Moto X4」イメージ

カメラがスゴイ!面白い!
ハイスペック防水
SIMフリースマートフォン登場

モトローラのスマートフォンラインナップに待望の防水モデル、X4が登場! 定評があるカメラ機能がさらに進化し、スマートフォンとは思えない精密な描写と、本格的な編集機能により写真の仕上がりが格段に向上します。
また、インカメラは1600万画素。プロフェッショナルモードと高解像度の効果でセルフィーもイメージ通りに撮影できます。

インカメラも高性能!
暗い室内も鮮やかに写し取る、
1600万画素×アダプティブ
低光量モード

かつてはスマートフォンのインカメラ(フロントカメラ)というと、あくまで「アウトカメラに対するサブ」的な位置付けでしたが、何かと自撮りの機会が増えた昨今、インカメラで撮影した写真であっても美しく仕上がって欲しいもの。X4のインカメラは「サブカメラ」的な位置付けを脱却し、満足のいく絵作りがかなうように設計されています。
ポイントは高精細1600万画素と、暗い環境でも3倍明るく写せるアダプティブ低光量モード。さらに画角76°、f値2.0の明るい広角レンズを搭載することにより、「暗い」「狭い」「被写体が多い」など、さまざまな制約があるシーンでもクリアに仕上がり、失敗知らずな撮影が可能です。
1600万画素は一部のミラーレスカメラや、ミドルからハイエンドクラスのコンパクトデジタルカメラ相当の画素数に匹敵し、プリンターで印刷する場合(200dpi)ならA2サイズ、印刷(300dpi)でもA4サイズ以上に引き延ばせるほどの精度。「SNSで使うぐらいだからそんなに画素数は要らない」と感じる方もいるかもしれませんが、一部を切り出してアイコンに使う、トリミングをしてWEBに使う、年賀状等に転用するなど、後になって「写真を加工したい」と思ったときにも役立ちます。
画角76°は約28mmレンズ(35mmフィルム換算)に相当する広角レンズ。画面に映る範囲が広いため、「撮りたいものが全部きちんと収まる」という安心感があります。また、28mmレンズは人間の視野に近いと言われており、建物が不自然なほど斜めになったり両端の人の顔がゆがんだりせず、違和感のない写真に仕上がります。集合写真などのシーンで、モタつくことなくシャッターを切りたい方にもうってつけ。

インカメラ撮影イメージ11月の夕方16時頃、カフェの店内にてインカメラで撮影。毛色の濃いミニチュアダックスの表情もくっきり描写されています。白を基調とした店内の明暗は美しく、インカメラとは思えない表現力。室内が広く映る広角レンズ効果を発揮。

インカメラ撮影イメージ夜のバー。暗い照明の店内で撮影しても顔色が明るく写り背景のボトル棚も鮮やか。

「これ、自撮りなの!?」
構図に余裕が生まれる
広角レンズ × パノラマセルフィー

インカメラに広角レンズを採用することにより、セルフィーにありがちな「頑張って手を伸ばして撮ってます感」のないスマートな写真を撮影できます。また、パノラマセルフィー機能を使えばさらに画面が広くなり、大人数での記念撮影や、背景を見せたい場面で活躍します。

犬同伴OKのカフェで
オーナーと一緒にセルフィー

通常のセルフィー撮影
通常のセルフィー撮影
通常のセルフィー撮影。縦位置でも広く写る広角レンズ。

パノラマセルフィー撮影パノラマセルフィー撮影
画面のアシスタントに従って手首を左右に回転させれば、パノラマセルフィー撮影が完了。2人と2匹が余裕で画面に収まり、かわいい店内の様子もよく分かります。

アウトカメラがスマートに!
標準×超広角のデュアルカメラで
新鮮な撮影体験を

アウトカメラには暗い場所でも鮮やかでパフォーマンスの高い描写を実現するデュアルカメラを採用しています。標準レンズと120°(換算約12mm)の超広角レンズを切り替えて撮影したり、レンズが2つあるからこそ実現できる、「被写体までの距離を計測する機能(深度の有効化)」を使ってさまざまな写真加工を楽しんだりできます。

撮影後にピント位置変更OK!
ボケ感も自在にコントロールできる
選択的フォーカス

深度の有効化を使えば、撮影後にピント(フォーカス)の位置を変更することができます。例えば、撮影した後に「手前の花にピントを合わせたけれど、やはり奥の風景をくっきり見せたい」と感じたときなどにも便利。
また、写真の「ボケ」味においてもデュアルカメラが真価を発揮。背景などをぼかすことによって、画面をすっきり見せたり、メインの被写体を際立たせたりする効果があります。本格的なカメラでなければ撮れなかったような美しいボケ味を、デュアルカメラ搭載のX4なら手軽に表現することができるのです。
写真アプリ等にも搭載されている「ボケ加工フィルタ」が搭載されていますが、これはと異なり、単純に画像の周辺周囲をぼかすだけの機能です。X4のだけセレクティブフォーカス機能では、ボケ度合いの増減も調整することができる上、ピント位置から遠くのものほどではなく、被写体との距離を計測して遠くボケ感が強くなり、一眼レフで撮影したかのような、のものほどボケ度合いの増減加工もできます。離れるほどボケ感が増すので加工感のない自然でクオリティの高い写真に仕上がります。高い写真に仕上がります。

セレクティブフォーカス機能イメージ

通常撮影通常撮影イメージストロボなしで撮影。室内でも明るく撮影できるので、このままでもおいしそうに見えますが…。

後ろボケ後ろボケイメージ手前のイチゴにピントを合わせ、背景をしっかりぼかすとパンケーキが際立ちます。

前ボケ前ボケイメージ奥のブルーベリー&ミント前後にピントを合わせると、手前のパンケーキの層もボケます。ピントを合わせる位置やボケ量を調整し、狙ったとおりの写真に仕上げます。

セレクティブ
フォーカス加工方法

セレクティブフォーカス加工方法イメージカメラを起動し、右下のメニューボタン をタップ。

セレクティブフォーカス加工方法イメージ「深度の有効化」を選択して写真撮影。

セレクティブフォーカス加工方法イメージ
撮影した写真を表示し、「深度エディタ」を立ち上げ「選択的フォーカス」を選ぶ。ピントを合わせたい位置を選んでタップ。

セレクティブフォーカス加工方法イメージ
必要に応じて、「ぼかし」バーでボケ量を調整します。

編集アプリ不要で即完成。
スタイリッシュな選択的モノクロ&合成写真

スタイリッシュなパートカラー写真も、「選択的モノクロ」機能を使えば手軽です。パートカラーは、モノクロ写真の一部分のみをカラーで残すテクニック。色を残す部分をタップして選択するだけの簡単なアクションで、ファッション広告のように洗洗練された写真が完成します。
パッと目をひくユーモラスな表現を狙うなら合成写真はいかがですか? 「背景の置き換え」機能を使い、合成元になる写真をタップして残す被写体を選び背景を削除した後、別の写真を選んで背景として置き換えます。残した部分を拡大・縮小することもでき、パンケーキにペットをトッピングしてみたり、ペットを回転させたり と、アイディア次第で個性的な写真表現が楽しめます。

背景モノクロイメージカフェで撮影したパンケーキの背景をモノクロに

背景置き換えイメージ自宅で撮影したペットを切り抜き、背景をカフェ店内の写真と置き換えました。

セレクティブ
モノクロ加工方法

セレクティブモノクロ加工方法イメージ
「深度の有効化」で撮影した写真を使って「編集」をタップ。「深度エディタ」を立ち上げる。

セレクティブモノクロ加工方法イメージ
メニューから「選択的モノクロ」をタップ。

セレクティブモノクロ加工方法イメージ
カラーで残したい部分をタップ。

セレクティブモノクロ加工方法イメージ
タップしたところ以外がモノクロに。

背景の置き換え加工方法

背景の置き換え加工方法イメージ
「深度の有効化」で撮影した写真を使って「編集」をタップ。「深度エディタ」を立ち上げる。

背景の置き換え加工方法イメージ
メニューから「背景の置き換え」をタップ。

背景の置き換え加工方法イメージ
残す部分を選んでタップし、不要な背景を消す。

背景の置き換え加工方法イメージ
背景となる写真を選択。先ほど残した写真を拡大/縮小して配置する。

快適&面白い スマート認識機能

モトローラ独自のカメラソフトウェアを使った「スマート認識」も高い精度を誇ります。「スマート認識」はカメラレンズを向けると、映った「モノ」が何かを判別して適切なWEBへと誘導してくれる便利な機能。形からモノを識別することも、文字を読み取ることも可能。バーコードやQRコードもアプリなしで読み取ります。面白いのはもちろん、使ってみるとなかなか便利で実用的。

スマート認識機能イメージ
バーに飾ってあったギターにカメラを向ける。メーカー名やモデル名の記載はなし。スマート認識ボタンをタップ。

スマート認識機能イメージ
スマート認識ボタンをタップ。

スマート認識機能イメージ
「茶色と黒のストラトキャスターエレクトリックギター」と表示され、WEB検索の候補が表示される。

エレキギターの代名詞とも言われる「ストラトキャスター」は、元々楽器メーカーのフェンダーが作っているモデルの名称。写真のギターはヤマハが作った「ストラトキャスタータイプ」のギターであり、一般的には「ヤマハのストラト」で通じるのだとか。
「ピックアップ部分に特徴があるから、そこで判断してるのかな? すごく賢いね」と、バーの店長も驚いた様子。

防水対応、海辺にお風呂にキッチンに
色々なところに持ち出して楽しめる

X4のもう一つの特長は、SIMフリースマートフォンには珍しい防水・防塵機能です。しかもIP規格最高レベルのIP68を誇り、ガンガン遊びたいレジャーシーンやバスルームでも快適に使えます。「お風呂でスマートフォンは使わない」という方にも防水機能はプッシュしたいポイントです。キッチンでのレシピ検索にも便利ですし、出先での突然の雨、グラスを倒してしまうなどのアクシデントに備えて、「付いていれば安心」な機能なのです。

防水・防塵機能イメージ

撮影協力:

カフェ ルー(café lu)
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南4-11-39-4
営業時間: [火~金] 11:00~19:00
[土・日] 10:00~18:00

茅ヶ崎 Login
神奈川県 茅ヶ崎市 幸町3-26 植辰ビル3F
営業時間: 11:00~23:00
[水]11:00〜16:00

INDEXに戻る