モトローラ「Moto G5 Plus」イメージ

モトローラ「Moto G5 Plus」イメージ

「Moto G5s Plus」の背面デザイン。カラーとモノクロ双方のレンズとセンサーを搭載するデュアルカメラが、その高い描写能力を誇るように存在感を主張。もちろん「RAZR V3」で世界中を魅了したブランドロゴの“Mマーク”もしっかりと受け継がれている。

あの“Mマーク”が帰ってきた!
モトローラのデュアルカメラ×
DSDSスマートフォンの実力を検証する。

今年10月、モトローラ・モビリティ・ジャパンより最新スマートフォン「Moto G5s Plus」が発売されました。かつてスタイリッシュなデザインと機能性で、世界的な人気を誇ったモトローラ「RAZR V3」。その象徴でもあったブランドロゴの“Mマーク(コウモリの翼)”を纏う、先進のスマートフォンの実力を検証しました。

2004年に登場し一世を風靡した名機「RAZR V3」以降、残念ながら日本の携帯電話およびスマートフォン市場において、モトローラの名を目にすることはありませんでした。しかしそれから9年を経た13年にリリースしたスマートフォン「Moto G」は、洗練されたデザインと充実の機能性、そして手頃なプライスにより世界各国で大ヒット。続く「Moto G3」と「Moto G4 Plus」、そして「Moto G5 Plus」を合わせたMoto Gシリーズは、モトローラで最も高いセールスを誇るラインアップになりました。

今回取り上げる「Moto G5s Plus」は、そんな同シリーズの最新モデル。モトローラSIMロックフリーのスマートフォンとして、国内大手3キャリアのネットワークに初めて対応した、いわば日本市場へ再度本格参入を果たすミドルハイクラスの機種です。デザインはより洗練され、カメラをはじめとする機能性と操作性も格段に向上。そしてリーズナブルなプライスはそのままと、モトローラの意欲的な挑戦によって誕生したMoto Gシリーズの次世代型スマートフォン。その魅力をいち早く検証しました。

ビジネスシーンにも好相性な、
スタイリッシュなデザイン

Moto G5 Plusの写真プレミアムメタルを纏い上質な輝きを放つ「Moto G5s Plus」のシンプルなデザインは、シックで気品を感じさせる大人のビジネスギアとも好相性。もちろんその多彩な機能性で、ビジネスシーンを快適にサポートしてくれる。

「Moto G5s Plus」は、このモデルから採用されたハイグレードアルミニウムの輝きも上質な、シンプルでいてスタイリッシュなデザイン性も大きな魅力。シックなビジネスギアとも好相性な、大人にふさわしいデザインです。またディスプレイのサイズは前モデルの5.2インチから5.5インチ(1920×1080)へと拡大。外出先でのメール送受信はもちろん、添付されたファイルの確認にもストレスは感じません。しかもフルHDのIPS液晶ディスプレイは、写真や動画も高精細かつ高コントラストに映し出し、撮影画像やムービーなどを楽しむオフタイムのみならず、各種メモをはじめとするあらゆるビジネスシーンでも活用できる表現力を備えています。

Moto G5 Plusの写真“スマイルマーク”にも見えるデュアルカメラが、スタイリッシュなデザインにユニークな印象を添えている。また流麗な曲線を描くサイドの仕上げも、快適なホールド感をもたらしてくれる。

Moto G5s Plusのデザイン的な特徴が最も表れているのが背面です。上部にはこのモデルから搭載されたカラーとモノクロ双方のセンサーをもつデュアルカメラが、その高い性能を誇るかのように存在感を示しています。そしてその下には、モトローラ歴代のモバイルフォンが受け継ぐ“Mマーク”が! 円形のくぼみにブランドロゴを配置したデザインは、モトローラマークに愛着をもつファンを喜ばせます。

なめらかな流線形を描き、ホールド感も快適なサイドの表情もまた、大人のビジネスシーンにふさわしい上質感を醸し出します。サイドと背面のメタルフレームのエッジ部分にはミラー加工を施し、高級感を演出。光の反射や映り込みにより、繊細にして変化のある表情を生み出しています。

Moto G5 Plusの写真左から「ルナグレー」「ブラッシュゴールド」「ニンバスブルー」の3色展開。ちなみに“ニンバス”とは、雨雲や光雲、または後光や光輪を意味する英語。なるほど、青空を薄い雲で覆ったような美しい色彩にふさわしい名称だ。

スマートなMoto G5s Plusのフォルムを彩るカラーバリエーションは全3色。重厚で最も男性的な雰囲気の「ルナグレー」をはじめ、ゴージャスで上品な輝きを放つ「ブラッシュゴールド」、ユニークかつシックな色合いを表現した「ニンバスブルー」をラインアップしています。いずれもスタイリッシュな色彩は、ビジネスの場にも上質なギアとしての存在感を発揮し、大人のシックな装いにも違和感なく馴染むことでしょう。

多彩な機能がもたらす、
新感覚のスマートフォン体験。

Moto G5 Plusの写真「Moto G5s Plus」は、異なるnanoSIMカード2枚を搭載し、同時待ち受けが可能な「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」仕様。日本と海外、社用と私用、オンとオフなど使用シーンで使い分けることができる。

多彩な機能を有する「Moto G5s Plus」。なかでも海外への出張が多いジェットセッターにお薦めなのが「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」です。このモデルにはnanoSIMカード2枚を同時に搭載できるトレイが用意されており、いずれの番号でも同時に待ち受けが可能。つまり契約する国内キャリアと海外で購入したプリペイドなどの現地用キャリアを、入れ替えることなくこの1台で活用できるということ。もちろん会社用とプライベートで異なるSIMを使用するなど、シチュエーションやライフスタイルで番号の使い分けが可能になるのです。使用シーンで発信番号を使い分けたいビジネスパーソンにとっては、実に使い勝手のよい仕様であると言えるでしょう。

Moto G5 Plus撮影イメージ実際の撮影例。カラー、モノクロ双方に1300万画素センサーを搭載する高性能デュアルカメラが、微妙な色調や細部を高精細かつ高コントラストで表現。また一眼レフカメラで撮影したようなボケ味を演出するなど、多彩な画像編集ソフトも標準搭載。写真撮影をより楽しいものにしてくれる。

Moto G5s Plusにおいて、最も進化を遂げているのがカメラ性能です。メインのアウトカメラには、カラー、モノクロともに1300万画素センサーを搭載するデュアルカメラへとグレードアップ。高精細かつ高コントラストな写真撮影を実現しています。また、多彩な画像編集ソフトも搭載。一眼レフカメラで撮影したように背景をぼかすことができる「深度エディタ」や、選択部分のみをカラーにその他をモノクロに変換する「選択的モノクロ」。そして人物だけを切り出し、背景のみを別画像に変換する「背景の置き換え」など、撮影画像をより楽しく味わい深い1枚へと加工することが可能。FacebookやInstagramなどSNSへの写真投稿を趣味とする人には、試さずにはいられない機能でしょう。なお動画も4K Ultra HD画像での録画や、スローモーション撮影もできる高画質性能を有しています。

さらにインカメラにも800万画素センサーを搭載し、LEDフラッシュにより時間や空間など環境を問わず、明るくクリアなセルフィーが可能。しかもパノラマやビューティ、プロフェッショナルなど多彩な撮影モードにより、ワンランク上のセルフィーをSNS上にアップすることもできるのです。

Moto G5 Plus Motoアクションイメージ指紋認証センサーによる簡単操作の「ワンボタンナビ」や、使用頻度の高い機能を手元のシンプルな動作で起動する「Motoアクション」など、Moto G5s Plusにはスマートフォンをより快適に使用するための機能を搭載。新感覚かつ便利な操作性を体験してほしい。

使い勝手のよさもMoto G5s Plusの特筆すべき点です。まずホームボタンは指紋認証によるロック解除をはじめ、左にスワイプすることで前画面へ、右へのスワイプにより前回使用したアプリへアクセス、また長押しでロックとワンタッチで多彩な操作ができる「ワンボタンナビ」仕様。さらに便利なのが前機種より継承する人気機能「Motoアクション」です。本体を軽く持ち上げるだけで着信音を消音できるほか、手首を2回ひねるだけでカメラを起動、2回振り下ろしてフラッシュライトをオン・オフできるなど、よく使用する機能に画面操作することなく簡単にアクセスすることが可能。この快適さはこれまでにないスマートフォン体験となること間違いありません。また3000mAhバッテリーは、余裕で1日以上の使用を実現。しかも付属のターボパワーチャージャーを使用することで、わずか15分ほどの充電で最長約6時間の駆動が可能と、充電切れの不安を解消します。

大人にふさわしいシックで洗練されたボディデザインに、充実の機能と性能を搭載して、その販売価格は4万円台前半とリーズナブル。スマートフォンの買い替えを検討しているなら、モトローラのベストセラー、Moto Gシリーズの最新モデル「Moto G5s Plus」を、選択肢の筆頭に上げるべきでしょう。

モトローラ「Moto G5s Plus」

※Motoストアでの販売価格、発売時期は予告なく変更になる場合があります。

●問い合わせ先/モトローラカスタマーセンター
TEL:0120-227-217(9時~18時 土・日・祝日、および年末年始を除く)
www.motorola.co.jp

PenONLINE掲載
写真:星 武志 文:高野智宏 スタイリング:石川英治

INDEXに戻る