2万円台の失敗しないSIMフリースマホ「Moto G5」を使い倒そう

2万円台の失敗しないSIMフリースマホ「Moto G5」を使い倒そう

格安なのに高画質カメラ搭載&
高速充電対応!
2万円台の失敗しないSIMフリースマホ
「Moto G5」を使い倒そう

モトローラといえば、携帯電話の始祖みたいな存在で、ガラケー時代から「どこから見てもモトローラ」という個性のあるデザインの端末を多くリリースしてきた。携帯電話・ガジェット好きであれば、海外だけでなく、国内でもよく知られるメーカーだ。もちろん、スマートフォンにも進出しており、ハイスペック端末である「Moto Z」のソリッド過ぎるビジュアルが記憶に新しい。

そんなモトローラがお手頃な価格帯を重点的に攻略するべく用意した端末として「Moto G5」がある。2万円台に位置しつつ、機能性とビジュアル、スペックのバランスがよく、端末価格をなるべく抑えたい人向けだ。

「1300万画素カメラ」
「大容量バッテリー」「指紋認証」
流行りの機能がお手頃価格で手に入る

Moto G5は、5型フルHD解像度(1080×1920ドット、441ppi)を採用しており、サイズは幅約73×厚さ約8.7×高さ約144mm、重量約149gとなっている。低価格のスマホになるとメタルフレームの採用は少ないのだが、Moto G5はアルミニウムを採用しており、軽くしつつ、堅牢性を確保。形状はラウンドフォルムに寄っており、手にしてみると保持がしやすく、使い勝手重視の設計が伺える。

この点はプリインストールアプリやホームアプリにも共通しており、独自アプリとしてあるのは、設定に関わるものくらいだ。

もちろん、ハードウェア構成に合わせたOSレベルでのチューニングは施されているが、ほぼ素のAndroidを搭載していると言ってもいいくらいに、独自アプリはない。

そのため、そのまま使用しても楽だし、何かとカスタムしたい場合にも都合がよく、シンプルさからくる道具感に富んでいる。

Moto G5 Display項目の写真Display項目は通知用や表示しないアプリを設定できたりする

実用面で見てみると、定番となった指紋センサーの搭載はありがたい。ロックの解除だけでなく、指紋センサーをタップで「ホームボタン」、フリックで「バックボタン」「タスクボタン」の入力ができる「ワンボタンナビ」もあり、操作してみると、実用性重視の思想がよく伝わってくるだろう。

また、後述しているが、ジェスチャー機能もあり、必要な操作を手早く済ませるといったことも得意な端末だ。

Moto G5 正面の画面下に指紋センサーがあるの写真正面の画面下に指紋センサーがある

Moto G5 正面の画面下に指紋センサーがあるの写真画面をタップしないでスイスイ操作ができるワンボタンナビは、指紋センサーの使い方として見てもおもしろい

スペックについては、低価格帯のSIMフリースマホ的であり、CPUはSnapdragon 430、メモリー2GB、内蔵ストレージ16GB、バッテリー容量2800mAh。内蔵ストレージの少なさは、microSDカード(最大128GB対応)やクラウドストレージで補う形になる。

ただ、SNSやメッセンジャー、メール、ウェブブラウジングなど中心が前提のスペックであるため、大きな問題にはならないだろう。

Moto G5
メーカーモトローラ
ディスプレー5型液晶
画面解像度1080×1920ドット
サイズ約73×約144×約8.7mm
重量約149g
CPUSnapdragon 430
1.4GHz(オクタコア)
メモリー2GB
ストレージ16GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)
OSAndroid 7.0
対応ネットワーク4G:B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B19 / B20 / B28 / TDLTE B38 / B40
3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
DSDS(4G+3G)○(今後対応予定)
無線LANIEEE802.11a/b/g/n(2.4+5GHz対応)
カメラ画素数リア:1300万画素(f/2.0)/イン:500万画素(f/2.2)
バッテリー容量2800mAh
指紋センサー
SIM形状nanoSIM×2
USB端子microUSB
カラバリルナーグレイ、ファインゴールド

カメラは「飯テロ」写真だって
お手のもの
現実に忠実なカメラは、
使いこなしで光る

Moto G5のアウトカメラは1300万画素、インカメラは500万画素となっている。アウトカメラから見ると、レンズはf/2.0で光学手ぶれ補正はないものの、比較的暗所に強い仕様だ。

オートで撮影する場合、暗所では手ぶれを抑制するため、ISOが高く設定されがちでディティールが崩れがちだが、プロフェッショナルモードで細かくシャッター速度やISO感度、ホワイトバランスなどを細かく調整できるため、意識してオートとプロフェッショナルモードを使い分けていくといいだろう。

描写の傾向としては、メーカーの味付けはなく、白を真っ白に捉えようとするので、暖色系の光源の多い環境ではややキツい色になりがちだが、この点のプロフェッショナルモードで回避可能だ。価格相応の部分だが、把握しやすい描写傾向なので、慣れるまでにそれほど時間はかからないだろう。

Moto G5 晴天での撮影データの写真晴天での撮影データ。特定の色が際立つような描写ではなく、逆にいえばInstagramなどで加工しやすい

Moto G5 日没手前の写真日没手前の写真。HDRの効果は控えめで、見ている感じに近くなりやすい

Moto G5 ご飯写真ご飯写真。暖色系光源よりも寒色系光源のほうが映えた絵になりやすい。露出は思いっきりフラットなので、タップして少し持ち上げるといいだろう

Moto G5 夜間の写真夜間の場合は、街灯などの光源があるところ限定と考えよう。ISO800あたりを目安にプロフェッショナルモードで調整していくと、イイ感じになりやすい

Moto G5 夜間の写真プロフェッショナルモードの画面。モトローラ端末で共通するUIだ

インカメラには、もはや必須機能となっているビューティーモード機能が搭載されている。自動と手動があり、手動の場合はスライダーを調整することで、ビューティー度を調整できるため、自撮りライフが多い人向けである。

ただし、補正対象は質感中心で色については、アウトカメラと同じ傾向だ。そのため、晴天下ではそのままでもいいが、LED光源や蛍光灯下の場合は、白が強く出てしまいがち。色だけサードパーティー製アプリで調整するといいだろう。Moto G5のディスプレーは発色がフラットであるため、微妙な調整も得意だ。

シンプルながら便利な
独自機能を搭載
日常の動作が素早くできる

独自機能は上記のように、機能的なものが多い。Moto Actionはジェスチャーを中心とした操作体系で、着信中にMoto G5を持ち上げるとバイブレーションに変更したり、画面を下にして置いておくと無音モードになったりとする。

そのほかにも、手首を2回ひねるとMoto G5の状況に関係なく、カメラを起動できる「Quick Capture」がある。撮影する場合に、このQuick Captureが便利だ。

また、設定をすればスリープ状態では電源ボタン2回押しでカメラを起動させることもできるため、さっさと撮影したいシーンに強い。また地味ながら、Moto G5を2回振り下ろすとフラッシュライトを点灯させることもできるため、日常生活において重宝するジェスチャー中心の操作体系ばかりと思ってもいい。

通知部分にも細かい配慮がある。通知プレビュー機能には、表示レベル設定が用意されており、そのままプレビュー付きで表示させたり、通知をタップするとプレビューを表示させたりといった設定がアプリごとに行なえる。

通知自体を停止させることもできれば、マナーモードで通知させることも可能なので、アプリごとにカスタムしておくと、より効率よくMoto G5を使っていけるだろう。

約15分で約15%充電できる
高速充電に対応!
付属のACアダプターで買って
スグに利用できる

Moto G5は2800mAhのバッテリーを採用しているだけでない。公称では付属のACアダプターを使用した場合、約15分の充電で最長4時間程度の連続使用が可能だという。

そこで、実際の充電速度を調べてみた。バッテリー残量40%から約15分経過した時点でのバッテリー残量、そのまま満充電になるまでの時間もチェックしている。

ちなみに、SoCがそれほどバッテリーを消費しないからか、バッテリー残量40%にするまで、かなりの時間を必要とした。といった面では、1日使いっぱなしといった状況にも強いと言えるだろう。

Moto G5 充電速度はゆるやかの写真バッテリー残量81%以降はバッテリーの保護もあるためか、充電速度はゆるやか。約40%から約99%まで1時間30分ほどで、バッテリー残量が心許ないときでも、15〜30分充電できればOKというシーンが多いだろう

SNSは速さが命!
最速アップロード王は誰だ!?

Moto G5 すばやくアップできてこそのスマホ+SNSの組み合わせだすばやくアップできてこそのスマホ+SNSの組み合わせだ

「Moto G5の使い勝手のよさは前述のとおり。それはやはりMoto Actionによるものが大きいと言える。そこで、4名の編集部員に事前説明なしで、「Moto G5のスリープ解除から写真撮影、Twitterにアップするまで」を実行してもらい、その時間を測ってみた。

Moto G5 SNS慣れしていないミナミダは36.2秒

SNS慣れしていないミナミダは36.2秒

一番手はスマホ総研・ミナミダ。普段発表会などでもスピードを求めるときはスマホで取材写真を撮っているナイスガイだ。ただ、記事のアップは速いものの、SNSに縁のない生活を送っているせいかTwitterアプリの操作に手間どり記録は「36.2秒」だった。

Moto G5 2番手は進行管理・西牧

2番手は進行管理・西牧

アスキーの「時間」を管理する進行・西牧。締め切りに厳格な彼なら最速タイムをたたき出せるかと期待は高まったが、別のOSのスマホのユーザーだったため、使い方がわからず「58.9秒」。結局ミナミダと同じ「カメラ起動」→「撮影」→「Twitter起動」→「画像添付」→「投稿」の順だった。猛省してもらいたい。

Moto G5 グルメ担当・ナベコもチャレンジ

グルメ担当・ナベコもチャレンジ

3番手はグルメ担当・ナベコ。ふだんから飯テロ写真を公私ともに連発しているだけあり、結果は「23.9秒」と高速だった。前の2人と違い、まずTwitterアプリを起動して、投稿画面からカメラを呼び出したという点が勝因だ。

Moto G5 最後はスマホ総研のリーダー・オカモト

最後はスマホ総研のリーダー・オカモト

最後はスマホ総研のリーダー・オカモトがチャレンジ。オカモトは昔からのモトローラファン。現在も発表会などは必ず出席しており、4人中唯一Moto Actionの存在を知っていたようだ。そのため、「Moto Actionでカメラ起動」→「撮影」→「プレビュー画面からTwitterを共有で呼び出し」→「投稿」のスピーディーな手順で「12.3秒」の最速タイムをたたき出した。

SNSの投稿はMoto Actionで
差をつけよう!

SNSの投稿はMoto Actionで差をつけよう!

というわけで、オカモトの活躍によりMoto Actionの優位性は理解できた。ちなみに、グルメ担当・ナベコにテスト後、Moto Actionについて伝えてみたところ、「意外とグルメ写真はタイミングが重要なこともあり、即起動できるのはうれしい」とのこと。飯テロ写真を誰よりも速く投稿するならぜひMoto G5とMoto Actionを活用しよう。

ASCII.jp 2017年6月掲載記事
文● 林佑樹 編集● ゆうこば

INDEXに戻る